火襷(読み)ひだすき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火襷
ひだすき

陶磁器用語。備前焼に特徴的にみられる窯変 (ようへん) の一種。窯詰めの際,作品が触れ合うのを防ぐため,器体に簡単にわらを巻いたが,焼締めているうちに,その部分だけが地色よりも淡い紅色に発色したもの。襷状や網目状のものがあり珍重された。後世,意識的に塩わらなどを巻いて焼くようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひ‐だすき【火×襷】

無釉(むゆう)の陶器にたすきを回したような(あかね)色の線状の現れたもの。焼成中に他の器と接解するのを避けるために用いた(わら)が、器肌に焼きついて自然に現れたのに始まる。備前焼の特色をなし、のちに装飾技法として用いられるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ひ‐だすき【火襷】

〘名〙 (火によってできた襷文(たすきもん)の意) 備前焼の一種。赤いたすきを廻したような斑文のあるもの。胎土は白土。全体に釉(うわぐすり)はない。〔風俗画報‐一六〇号(1898)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報