コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火襷 ひだすき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火襷
ひだすき

陶磁器用語。備前焼に特徴的にみられる窯変 (ようへん) の一種。窯詰めの際,作品が触れ合うのを防ぐため,器体に簡単にわらを巻いたが,焼締めているうちに,その部分だけが地色よりも淡い紅色に発色したもの。襷状や網目状のものがあり珍重された。後世,意識的に塩わらなどを巻いて焼くようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひ‐だすき【火×襷】

無釉(むゆう)の陶器にたすきを回したような茜(あかね)色の線状の現れたもの。焼成中に他の器と接解するのを避けるために用いた藁(わら)が、器肌に焼きついて自然に現れたのに始まる。備前焼の特色をなし、のちに装飾技法として用いられるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひだすき【火襷】

陶器に現れた不規則な緋色の線条。焼成の際、無釉むゆうの器面にわらなどが触れて作用し、発色したもの。塩水をしみ込ませたわら縄を巻きつけるなど人工的にも行う。備前焼に多く見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

火襷の関連キーワード伊奈長三(2代)伊奈長三(4代)金重 素山水野梅寿常滑焼緋色塩水線条