コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄砲伝来 てっぽうでんらい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄砲伝来
てっぽうでんらい

天文12(1543)年,種子島に来たポルトガル人が初めて日本に鉄砲(→火縄銃)をもたらしたこと。伝来の日時について西洋側の記録は 1542年とするものが多いが,南浦文之(→文之)の『鉄炮記』(1607)に従って 1543年とする。また『蒙古襲来絵巻』(1293?)に「てつはう」の図があるが,これは別種の爆発物と思われる。種子島時堯はこれを買い,家臣に使用法と製法を修得させたが,まもなく同じものの製作と使用が広がって,戦国諸雄の戦略に大きな変化を与えた。天正3(1575)年の『長篠合戦図屏風』には,その普及した姿がありありと描かれている。伝来の地にちなんで,この種の鉄砲を「種子島」と長い間にわたって呼んだ(→種子島銃)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

てっぽうでんらい【鉄砲伝来】

1543年種子島たねがしまに来航した二名のポルトガル人によって火縄銃と火薬の製法が伝えられたこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鉄砲伝来の言及

【武器】より

…また南北朝時代の終りころには鉾にかわってが現れ,室町時代に普及した。
[鉄砲伝来]
 ちょうどそのころ,一隻のポルトガル船が種子島に漂着して,日本に鉄砲を伝える。1543年(天文12)のことであった。…

※「鉄砲伝来」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鉄砲伝来の関連キーワード鹿児島県熊毛郡南種子町大航海時代史(年表)日本科学史(年表)種子島(鹿児島県)戦国時代(日本)西之表(市)南種子[町]国友鉄砲鍛冶南種子(町)種子島海峡村上陽一郎日本科学史種子島時尭種子島氏大隅諸島南種子町種子包丁鉄砲鍛冶疫病史門倉崎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉄砲伝来の関連情報