コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄砲伝来 てっぽうでんらい

2件 の用語解説(鉄砲伝来の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄砲伝来
てっぽうでんらい

天文12(1543)年,種子島に来たポルトガル人が初めて日本に鉄砲(→火縄銃)をもたらしたこと。伝来の日時について西洋側の記録は 1542年とするものが多いが,南浦文之(→文之)の『鉄炮記』(1607)に従って 1543年とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てっぽうでんらい【鉄砲伝来】

1543年種子島たねがしまに来航した二名のポルトガル人によって火縄銃と火薬の製法が伝えられたこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鉄砲伝来の言及

【武器】より

…また南北朝時代の終りころには鉾にかわってが現れ,室町時代に普及した。
[鉄砲伝来]
 ちょうどそのころ,一隻のポルトガル船が種子島に漂着して,日本に鉄砲を伝える。1543年(天文12)のことであった。…

※「鉄砲伝来」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鉄砲伝来の関連キーワード門倉崎種子島種子島銃南蛮貿易砲術モッタ門倉岬種子島空港八板金兵衛種子島[温泉]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉄砲伝来の関連情報