コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤佐喜雄 いとう さきお

1件 の用語解説(伊藤佐喜雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤佐喜雄 いとう-さきお

1910-1971 昭和時代の小説家。
明治43年8月3日生まれ。伊沢蘭奢(らんじゃ)の子。保田(やすだ)与重郎を知り,「コギト」「日本浪曼(ろうまん)派」の同人となる。「花の宴(うたげ)」「春の鼓笛」などを発表。戦後は児童向けの伝記などもかいた。昭和46年10月17日死去。61歳。島根県出身。大阪高中退。評伝に「森鴎外」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤佐喜雄の関連キーワード新聞小説アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画大映本郷直樹奈良富士子杉田二郎ECGI(電子制御式ガソリン噴射装置)仮面ライダー

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone