コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤十蔵 いとう じゅうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤十蔵 いとう-じゅうぞう

1817*-1896 幕末の武士。
文化13年12月生まれ。伊藤博文の父。周防(すおう)束荷(つかり)村(山口県大和町)の農民だったが,嘉永(かえい)7年39歳で妻子をつれて長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の中間(ちゅうげん)伊藤直右衛門の養子となる。文久元年京都にでて藩邸の会計事務をつとめる。禁門の変で萩藩が敗れ,帰藩後南園隊に属した。明治29年3月19日死去。81歳。本姓は林。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤十蔵の関連キーワード樋口一葉深刻小説トムソン(Sir Joseph John Thomson)内閣総理大臣シモンズ(Arthur Symons)スペンサー(Herbert Spencer)ラザフォード(1st Baron Rutherford of Nelson Ernest Rutherford)[各個指定]芸能部門ピエール キヤールモンロー

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android