コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤宗看(初代) いとう・そうかん

朝日日本歴史人物事典の解説

伊藤宗看(初代)

没年:元禄7.11.6(1694.12.22)
生年:元和4(1618)
江戸前期の将棋棋士。出雲の人。2世将棋名人大橋宗古の門に入り,宗古の娘をめとって伊藤家を興した。承応3(1654)年宗古が没すると3世名人(将棋所)となる。以後,名人は大橋本家,分家,伊藤家のいずれかで継ぐことになった。<参考文献>丸田祐三『初代伊藤宗看』(日本将棋大系)

(谷口牧夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

伊藤宗看(初代)の関連キーワード伊藤宗看(3代)大橋宗桂(3)大橋宗桂(2)詰め将棋丸田祐三

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android