コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸田祐三 まるた ゆうぞう

2件 の用語解説(丸田祐三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸田祐三 まるた-ゆうぞう

1919-2015 昭和時代の将棋棋士。
大正8年3月30日生まれ。昭和11年平野信助に入門。約6年間の軍隊生活のあと,21年4段で順位戦に参加。22年3段跳びで7段。48年9段。26年の第1回王将決定戦で木村義雄に敗れる。歩を巧みに使い「小太刀の名手」とよばれた。A級通算24年。最年長記録の77歳まで現役をとおし,平成8年引退。日本将棋連盟の理事,会長がながく,「連盟の生き字引」といわれた。平成27年2月17日死去。95歳。長野県出身。保善商業中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵miniの解説

丸田祐三

将棋棋士。1919年3月30日、長野県生まれ。36年に6級、38年に初段となり、第二次大戦により戦地に赴く。復員後の46年にプロ棋士となり、四段からわずか2年後の48年には八段へとスピード出世した。タイトル戦に計4回出場し、棋戦優勝は「九・八・七段戦」(54年度)、「B級選抜トーナメント」(56年度)、「NHK杯戦」(59年度第9回、第15回、第18回の3度)など計10回を数えた。順位戦はA級に通算24期在籍し、73年に最高段位である九段に昇段。69年~73年まで日本将棋連盟の会長を務めた。81年「藍綬褒章」、86年「将棋栄誉賞」、95年「勲四等旭日小綬章」を受章。77歳まで現役で活躍し(最年長記録)、96年3月に引退した。通算成績679勝819敗。2015年2月17日、多臓器不全で死去。享年95。

(2015-2-19)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丸田祐三の関連キーワード木村義雄大塚源右衛門木見金治郎金易二郎建部和歌夫塚田正夫土居市太郎原田泰夫松浦卓造山田道美

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丸田祐三の関連情報