コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤宜堂 いとう ぎどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤宜堂 いとう-ぎどう

1792-1874 江戸時代後期の儒者。
寛政4年7月生まれ。因幡(いなば)鳥取藩家老の荒尾氏,京都の正親町三条(おおぎまちさんじょう)家につかえる。のち江戸で朝川善庵にまなぶ。天保(てんぽう)6年出雲(いずも)(島根県)塩冶(えんや)村に私塾有隣塾をひらく。文久2年鳥取藩にまねかれ,溝口郷校を創設した。明治7年2月17日死去。83歳。伯耆(ほうき)(鳥取県)出身。名は雅言。字(あざな)は俊蔵。著作に「周易包蒙(ほうもう)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤宜堂の関連キーワード金本摩斎

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android