コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤小坡 いとう しょうは

2件 の用語解説(伊藤小坡の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

伊藤小坡

日本画家。三重県生。日本画家伊藤鷺城の妻。名は佐登(さと)。はじめ森川曽文に学び、のち谷口香嶠に師事。竹内栖鳳の竹杖会に入り上村松園と並ぶ閨秀画家として知られた。歴史風俗画を得意とする。新文展無鑑査。昭和43年(1968)歿、92才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤小坡 いとう-しょうは

1877-1968 明治-昭和時代の日本画家。
明治10年4月24日生まれ。三重県猿田彦神社宮司宇治土公(うじとこ)貞幹の長女。磯部百鱗,谷口香嶠(こうきょう)にまなぶ。大正4年文展に初入選。8年日本自由画壇結成に参加するが,翌年脱退,以後帝展に出品し,のち無鑑査となる。昭和3年から竹内栖鳳(せいほう)に師事。昭和43年1月7日死去。90歳。本名はさと。作品に「製作の前」「琵琶(びわ)記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

伊藤小坡の関連キーワード飛田周山人見少華水上泰生石田遊汀(2)市山七十郎(5代)釘本久春倉知しん富士田吉治(3代)米山国蔵若柳吉登代

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊藤小坡の関連情報