コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤小坡 いとう しょうは

美術人名辞典の解説

伊藤小坡

日本画家。三重県生。日本画家伊藤鷺城の妻。名は佐登(さと)。はじめ森川曽文に学び、のち谷口香嶠に師事竹内栖鳳の竹杖会に入り上村松園と並ぶ閨秀画家として知られた。歴史風俗画を得意とする。新文展無鑑査。昭和43年(1968)歿、92才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤小坡 いとう-しょうは

1877-1968 明治-昭和時代の日本画家。
明治10年4月24日生まれ。三重県猿田彦神社宮司宇治土公(うじとこ)貞幹の長女。磯部百鱗,谷口香嶠(こうきょう)にまなぶ。大正4年文展に初入選。8年日本自由画壇結成に参加するが,翌年脱退,以後帝展に出品し,のち無鑑査となる。昭和3年から竹内栖鳳(せいほう)に師事。昭和43年1月7日死去。90歳。本名はさと。作品に「製作の前」「琵琶(びわ)記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤小坡の関連キーワード猿田彦神社 小坡美術館昭和時代明治

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊藤小坡の関連情報