コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤春 いとう はる

1件 の用語解説(伊藤春の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤春 いとう-はる

1694-? 江戸時代中期の女性。
元禄(げんろく)7年生まれ。武蔵(むさし)川越藩(埼玉県)藩士伊藤仙右衛門の娘。2歳のとき,母に横恋慕した父の同僚大西助次郎に父を殺され,母も病死。母の妹に養育されたが,15歳のとき死に際の叔母から子細を知らされ,復讐(ふくしゅう)を決意。母がかきのこした人相や額の傷をたよりに敵をさがし,鉄平という中間(ちゅうげん)の助けをかりて,享保(きょうほう)7年小田原で仇(あだ)を討つ。のち鎌倉の東慶寺で尼になった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

伊藤春の関連キーワード久米大橋宗銀国包(6代)再賀酒井親愛堺屋おそで清水道啓(1)保科正殷森長孝渡辺登綱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊藤春の関連情報