コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固める カタメル

2件 の用語解説(固めるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かた・める【固める】

[動マ下一][文]かた・む[マ下二]
やわらかい物や液状の物を、かたい状態にする。また、物をかたくする。「ゼリーを冷やして―・める」「こぶしを―・める」
物事を集中させる。一つにまとめる。「安打を―・めて打つ」「荷物を片隅に―・めておく」
状態を安定させる。しっかりしたものにする。強固にする。「身を―・める」「決意を―・める」「選挙の地盤を―・める」
外部から影響されないようにかたく守る。「国境を―・める」「陣営を―・める」「うそで―・めた供述」
(「…に身をかためる」の形で)ある行動に備えて、装束などを身につける。「防寒具に身を―・める」
かたく誓う。しっかりと約束する。「契りを―・める」
しっかり結ぶ。固定する。
「烏帽子(えぼし)の緒、元結、―・めずともありなむ」〈・六三〉
矢を引き絞ってそのままの状態を保つ。
「しばし―・めてひゃうど射る」〈古活字本保元・中〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かためる【固める】

( 動下一 ) [文] マ下二 かた・む
やわらかいものや液状・粉状のものを、形の変形しにくいものに変える。固くする。 「粘土をこねて-・める」 「寒天を冷やして-・める」 「雪を踏んで-・める」
散らばっているものを、ひとまとめにする。寄せ集める。 「一週間分の食料を-・めて買い込む」 「 - ・めて休暇をとる」
不安定なものを安定させる。確実にする。 「基礎を-・める」 「意志を-・める」 「地歩を-・める」 「結束を-・める」
外部からの力に対して侵されない態勢を構える。 「城を-・める」 「守りを-・める」
ゆるんでいるものを強く締める。 「烏帽子の緒、元結、-・めずともありなむ/枕草子 63
かたく約束する。また、禁ずる。 「このくしげ開くなゆめとそこらくに-・めしことを/万葉集 1740
矢を放つ時、弓を引きしぼってそのままの状態で保つ。 「きり〱と引きしぼり、しばし-・めて切つて放せば/浄瑠璃・ひらかな盛衰記」 〔「かたまる」に対する他動詞〕
[慣用] うそで- ・臍ほぞを- ・身を-

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

固めるの関連情報