コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤梅子 いとう うめこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤梅子 いとう-うめこ

1848-1924 幕末-大正時代の女性。
嘉永(かえい)元年11月8日生まれ。伊藤博文の妻。もと長門(ながと)(山口県)裏町芸妓。和歌や英語をまなび,良妻賢母ぶりをうたわれた。長女生子を末松謙澄(けんちょう)に,次女朝子を西源四郎にとつがせた。大正13年4月12日死去。77歳。本姓木田。前名は小梅。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤梅子の関連キーワード大正時代嘉永

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊藤梅子の関連情報