コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤為吉 いとう ためきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤為吉 いとう-ためきち

1864-1943 明治-昭和時代前期の建築家,発明家。
文久4年1月17日生まれ。伊藤道郎(みちお),伊藤熹朔(きさく),千田是也(せんだ-これや)の父。工部大学校の自由研究生として機械学を,明治18年渡米して建築の実務をまなぶ。帰国後,伊藤組工作所を設立。教会建築,耐震住宅の設計,建築労働者の教育などを手がける。晩年は永久動力機関の研究にうちこんだ。昭和18年5月9日死去。80歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いとうためきち【伊藤為吉】

1864~1943) 建築家。三重県生まれ。機械学・数学・漢学などを学び、渡米。帰国後、職工徒弟の教育・地位向上に腐心。のちに鉄筋コンクリート部材の研究・生産を行う。晩年は、永久動力機関の発明に没頭する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

伊藤為吉の関連キーワード伊藤 翁介伊藤 道郎千田 是也建築家腐心発明漢学

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android