伊藤為吉(読み)いとう ためきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「伊藤為吉」の解説

伊藤為吉 いとう-ためきち

1864-1943 明治-昭和時代前期の建築家,発明家
文久4年1月17日生まれ。伊藤道郎(みちお),伊藤熹朔(きさく),千田是也(せんだ-これや)の父。工部大学校の自由研究生として機械学を,明治18年渡米して建築の実務をまなぶ。帰国後,伊藤組工作所を設立。教会建築,耐震住宅の設計,建築労働者の教育などを手がける。晩年は永久動力機関の研究にうちこんだ。昭和18年5月9日死去。80歳。伊勢(いせ)(三重県)出身

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android