コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千田是也 せんだこれや

7件 の用語解説(千田是也の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千田是也
せんだこれや

[生]1904.7.15. 東京
[没]1994.12.21. 東京
演出家,俳優。本名伊藤圀夫。舞踊家伊藤道郎,装置家伊藤熹朔の弟。早稲田大学独文科在学中の 1923年,築地小劇場の第1回研究生となる。 27~31年ドイツに滞在。東京演劇集団を経て,新築地劇団で『ハムレット』 (1933) に主演,新協劇団で真船豊作『遁走譜』 (40) を演出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せんだ‐これや【千田是也】

[1904~1994]演出家・俳優。東京の生まれ。本名、伊藤圀夫。築地小劇場に参加、のち俳優座を創立。近代俳優術の理論化、ブレヒトの紹介など、新劇活動の中心的役割を果たす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

千田是也【せんだこれや】

演出家,新劇俳優。本名伊藤圀夫。舞踊家,伊藤道郎舞台美術家伊藤熹朔は兄。早大在学中に築地小劇場の研究生となる。1927年ドイツに渡りラインハルト演劇学校に学び,帰国後東京演劇集団を結成,さらに新築地劇団新協劇団に参加して演出・演技の両面に活躍した。
→関連項目小沢昭一

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千田是也 せんだ-これや

1904-1994 昭和-平成時代の俳優,演出家。
明治37年7月15日生まれ。伊藤為吉の子。伊藤道郎(みちお),伊藤熹朔(きさく)の弟。岸輝子の夫。築地小劇場第1回公演でデビュー。昭和2年からドイツでまなぶ。19年俳優座結成,24年俳優座養成所開校,29年俳優座劇場開設など戦後新劇のリーダーのひとりとして活躍。ブレヒトの戯曲と理論を紹介した。映画出演も多い。平成6年12月21日死去。90歳。東京出身。早大中退。本名は伊藤圀夫(くにお)。著作に「もうひとつの新劇史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

せんだこれや【千田是也】

1904‐94(明治37‐平成6)
新劇の代表的な演出家,俳優。本名は伊藤圀夫(くにお)。建築家伊藤為吉の末子として東京に生まれる。舞踊家伊藤道郎,舞台美術家伊藤熹朔(きさく)は実兄である。1922年東京府立一中を卒業,早稲田大学でドイツ文学を学んだのち,24年に築地小劇場に第1回研究生として参加。同年の第1回公演R.ゲーリング《海戦》に出演した。27年から4年間,ドイツに渡り,帰国後は〈左翼的〉〈自由主義的〉色彩の濃い演劇活動を行っていたが,40年に検挙され,しばらくの間獄中生活を送った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せんだこれや【千田是也】

1904~1994) 俳優・演出家。東京生まれ。本名、伊藤圀夫。築地小劇場で初舞台、1944年(昭和19)俳優座結成。ブレヒトの翻訳・上演など、戦後の新劇運動に指導的役割を果たす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千田是也
せんだこれや
(1904―1994)

演出家、俳優。本名伊藤圀夫(くにお)。東京に生まれる。舞踊家伊藤道郎(みちお)、舞台装置家伊藤熹朔(きさく)の実弟。東京府立一中卒業。早稲田(わせだ)大学独文科聴講生を経て、1924年(大正13)創立の築地(つきじ)小劇場に文芸部員兼演技研究生として参加、旗揚げ演目の一つ『海戦』の水兵役で初出演。27年(昭和2)から4年間ドイツに留学をし、労働者の革命的演劇に参加。帰国直後、軽演劇人も含めた演劇人統一組織の東京演劇集団を結成し、ブレヒト作『三文オペラ』の翻案的脚色『乞食(こじき)芝居』を上演した。さらに新築地劇団や新協劇団で、演出家、俳優として活躍。第二次世界大戦後は俳優座を結成し、その中核を担うとともに、新劇活動の中心的役割をも果たした。50年(昭和25)以降はそれ以前の真船豊(まふねゆたか)やチェーホフなど近代写実劇やスタニスラフスキー・システムの日本における確立から、安部公房(あべこうぼう)やブレヒト劇などの紹介に進み、演劇教育面でも傑出した仕事をする。夫人は女優の岸輝子(てるこ)[石澤秀二]
『『もうひとつの新劇史――千田是也自伝』(1975・筑摩書房) ▽『千田是也演劇論集』全9巻(1980~92・未来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の千田是也の言及

【演技】より

…そして身体的行動の理論が,演劇に対する一番大きな貢献だとして,俳優から出発したスタニスラフスキーと戯曲から出発したブレヒト自身との違いをはっきりと認めながら,作品の主題に対する一貫した行動において一致点を見いだしている。 日本の現代演劇において,最初のまとまった実践的な演技論である《近代俳優術》(1949)を著した千田是也は,俳優・演出家としての体験と研究にもとづいて,身振り表情術,物言う術,役の創造について,精密な分析と科学的な考察を行っている。彼もスタニスラフスキー・システムの影響を受け,俳優のせりふとしぐさは,生きた人間のなかで一つに結ばれたものとして,有機的なダイナミックな体制をつくりだしている,と強調している。…

【築地小劇場】より

…当初翻訳劇のみを上演する方針をとったため,文壇から糾弾され,経営の困難や思想的混乱から試行錯誤をくりかえしたが,芸術的統率者としての演出者の地位確立,ヨーロッパ現代劇の移入紹介,創作劇の上演などに画期的な成果を収めていった。千田是也,山本安英,杉村春子,滝沢修など現代の新劇団の指導者もここから多く育った。28年末に小山内が急逝し,翌29年には土方らが結成した〈新築地劇団〉と,残留組の〈劇団築地小劇場〉とに分裂し,劇団としての活動を終えた。…

【人形劇】より

… 日本では文楽がながく興行資本の下におかれていたため,マリオネットの実験的な試みは1920年代にやっと起こった。21年(大正10)に土方与志(ひじかたよし)舞台装置研究所で装置家伊藤熹朔(きさく)が弟の演出家千田是也と協力して人形劇に手をそめ,29年には川尻東次が人形クラブを創立した。この劇団は川尻泰司が受けついで,人形劇団プークとして今日にいたっている。…

【ブレヒト】より

異化叙事演劇
[日本における受容]
 すでに昭和初期の表現主義紹介期に《夜打つ太鼓》が翻訳され,1932年(昭和7)には《三文オペラ》の翻案《乞食芝居》が東京演劇集団によって上演されたが,ナチスによる禁止以後は,日本でもその存在が忘れられた。 第2次大戦後ブレヒトの活動が再び国際的な注目を浴びだした50年代から,千田是也が精力的に導入を試み,53年の《第三帝国の恐怖と貧困》の上演以後,俳優座や若手劇団による上演が活発化し,合同公演《ガリレイの生涯》(1958)で異化効果や叙事演劇の問題が論じられるようになった。ブレヒトを単純な啓蒙政治劇とみた保守派や,リアリズムを逸脱するとみた教条的進歩派の誤解はあったが,その方法論は,安部公房,宮本研,福田善之などの劇作にも影響を与えだした。…

※「千田是也」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

千田是也の関連キーワード東野英治郎笠智衆稲葉義男鳳啓助岡田日郎須磨啓北村和夫田中邦衛中条静夫森塚敏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千田是也の関連情報