コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤竜洲 いとう りゅうしゅう

2件 の用語解説(伊藤竜洲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤竜洲 いとう-りゅうしゅう

1683-1755 江戸時代中期の儒者。
天和(てんな)3年4月14日生まれ。京都の伊藤坦庵(たんあん)にまなび,その娘婿となる。宝永6年越前(えちぜん)福井藩の儒官。藩主松平吉邦の命で,藩史「越前家御世譜」を編修した。宝暦5年2月11日死去。73歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。本姓は清田。名は元基,道基。字(あざな)は子崇。別号に宜斎。著作に「三余清事」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊藤竜洲

没年:宝暦5.2.11(1755.3.23)
生年:天和3.4.14(1683.5.10)
江戸時代中期の漢学者。播磨(兵庫県)明石の人。名は道基,元基,字は小崇,通称は荘司。竜洲,宜斎と号す。本姓清田氏,私に荘蕭先生と諡す。京都に出て,伊藤坦庵の門に入り,その養嗣子となる。福井藩儒となり,伊藤家の名を貶めることがなかった。その学問は,経学だけに留まらず,歴史から諸子百家,野史小説まで幅広く,文章にこだわる態度も強い。『前太平記』を訳した『源家伝統録』や,『蒙求』風に4字の表題をつけ種々の本から説を引いた『三余清事』などの著述に,その一面をみることができる。

(高橋昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊藤竜洲の関連キーワード明石景文明石宗伯桜井栗堂末包金陵清田藍卿鳥飼野人橋本和風軒松平直泰松平直之(2)柳枝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone