コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤坦庵 イトウタンアン

3件 の用語解説(伊藤坦庵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いとう‐たんあん【伊藤坦庵】

[1623~1708]江戸前期の儒学者。京都の人。名は宗恕。初め医師となったが、のち、福井藩に儒官として仕えた。師の江村専斎の談話を集めた「老人雑話」の編者。著「坦庵遺稿」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤坦庵 いとう-たんあん

1623-1708 江戸時代前期の儒者。
元和(げんな)9年9月29日生まれ。江村専斎,曲直瀬玄理(まなせ-げんり)に医術を,那波活所に儒学をまなぶ。越前(えちぜん)福井藩につかえ,詩文で知られた。編著に専斎の口述をまとめた「老人雑話」がある。妻は玄理の娘。宝永5年8月24日死去。86歳。京都出身。名は宗恕。字(あざな)は元務。別号に白雲散人。著作に「坦庵文集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊藤坦庵

没年:宝永5.8.24(1708.10.7)
生年:元和9.9.29(1623.11.21)
江戸時代前期の漢学者。京都の人。一説に没日を2月22日とする。姓は藤原氏,名は宗恕,字は元務。坦庵,自怡堂などと号す。江村専斎,那波活所に学ぶ。越前福井藩の藩儒となり,晩年は京都に退隠。当時,詩文における名声が高く,その名は,友人北山友仙と共に浮世草子『元禄大平記』に登場するほどであった。儒者としての評価も高く,特に訓点に心を用いた堅実な態度が窺える。また師の江村専斎の口述を筆記した『老人雑話』は,安土桃山から江戸初期の人物を知るうえで重要な書物として,写本ながら数多く流布した。<著作>『坦庵詩文集』

(高橋昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伊藤坦庵の言及

【漢詩文】より

…漢籍の日本への伝来は,記紀によれば応神朝とされ,ほぼ4,5世紀ごろアジア大陸の文物や中国の古典や小学書が将来された。ただし漢字などはそれ以前にある程度伝えられていたかと思われる。以後帰化人の知識層に導かれて日本人の漢文学習が開始されたが,漢文は本来は日本語とはまったく構造の異なった言語であり,それを読み書きし,自由に駆使するには大きな困難と多くの年月を要した。
【古代】
 6世紀の仏教経典の渡来は,漢字漢文の習熟の必要をいっそう高めるものであった。…

【老人雑話】より

…近世初期に成立した随筆。儒医江村専斎(1565‐1664)の談話を門人伊藤坦庵(宗恕)が筆録編集した書。2巻。…

※「伊藤坦庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊藤坦庵の関連キーワード有馬丹山伊豆則常兼正河合翰雪北村忠兵衛末包金陵端春荘道意(3)春政三上和及

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone