コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤証信 いとうしょうしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊藤証信
いとうしょうしん

[生]1876.9.10. 三重
[没]1963.1.14.
真宗大谷派の僧。「無我の愛」の運動を推進し,多くの知識人,青年層に影響を及ぼした。著書に『無我愛の真理』 (1921) ,『無我愛の哲学』 (33) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤証信 いとう-しょうしん

1876-1963 明治-昭和時代の宗教運動家。
明治9年9月10日生まれ。無我愛をとなえ,真宗大谷派を離脱。明治38年東京巣鴨に無我苑を設立し,「無我之愛」を創刊。39年無我苑を閉鎖したが,大正10年再開。第二次大戦後,世界連邦建設運動に参加した。昭和38年1月14日死去。86歳。三重県出身。真宗大(現大谷大)卒。著書に「無我愛の哲学」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊藤証信の関連キーワード河上肇

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android