コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤錦里 いとう きんり

1件 の用語解説(伊藤錦里の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤錦里 いとう-きんり

1710-1772 江戸時代中期の儒者。
宝永7年10月生まれ。伊藤竜洲(りゅうしゅう)の長男。父にまなび,その跡をつぎ元文3年越前(えちぜん)福井藩の儒官となる。弟の江村北海,清田儋叟(せいた-たんそう)とともに「伊藤三珠樹」といわれた。明和9年3月9日死去。63歳。名は縉(しん)。字(あざな)は君夏。通称は荘治,宗太郎。別号に鳳陽。著作に「邀翠館(ようすいかん)集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の伊藤錦里の言及

【江村北海】より

…儒者伊藤竜洲の次男に生まれ,京都の儒家の名門であった江村家の養子となった。兄の伊藤錦里,弟の清田儋叟(せいだたんそう)とともに学者3兄弟として知られる。伊藤家も江村家も家学は朱子学であったが,朱子学を強く宣布するという家風ではなく,北海も養父のあとをついで美濃郡上藩の儒官にはなったが,その活動は儒学よりも漢詩文に傾斜していた。…

※「伊藤錦里」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊藤錦里の関連キーワード小野君山赤松翼一瀬庄助入江正雄岡芸台村士淡斎竹内長水滕元鳳丹羽雲気松村梅岡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone