コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤雋吉 いとう としよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤雋吉 いとう-としよし

1840-1921 明治時代の軍人。
天保(てんぽう)11年3月28日生まれ。明治4年海軍にはいり少佐。艦政局長などをへて,23年海軍次官となり中将にすすんだ。のち軍務局長,初代司法部長を兼任。32年貴族院議員。大正10年4月10日死去。82歳。丹後(京都府)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊藤雋吉

没年:大正10.4.10(1921)
生年天保11.3.28(1840.4.30)
明治期の海軍軍人。田辺(舞鶴)藩(京都府)藩士伊藤勝助の長男。明治2(1869)年海軍操練所出仕,4年海軍少佐。「春日」艦長,海軍兵学校長などを務めたのち,15年に現役海軍少将のまま共同運輸会社社長を申し付けられる。同社は,汽船海運を独占していた三菱に対抗すべく政府の援助によって設立され,三菱と激しい競争を展開,19年両社合併して日本郵船となった。18年に横須賀造船所長として海軍にもどり,艦政局長などを経て,23年海軍次官,中将に進む。日清戦争(1894~95)中は海軍次官兼軍務局長として軍政を統括し,その功により28年に男爵。32年貴族院議員。貴族院では茶話会に属す。

(鈴木淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

伊藤雋吉の関連キーワード明治時代没年軍人

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android