伊豆長八(読み)いずの ちょうはち

世界大百科事典 第2版の解説

いずのちょうはち【伊豆長八】

1815‐89(文化12‐明治22)
幕末から明治にかけての左官。本姓上田,のちに入江。10代目播磨屋金兵衛とも名のり,晩年は天祐,乾道と号した。伊豆松崎村(現,静岡県賀茂郡松崎町)の農家に生まれ,12歳ごろ同郷の左官頭領関仁助に弟子入りし,20歳ごろに江戸へ出た。左官技術を磨くかたわら,谷文晁の高弟喜多武清や狩野派に絵を学んだといわれ,しっくいによるレリーフに色彩を施した鏝絵(こてえ)を大成させた。30歳を過ぎて松崎へ帰り,菩提寺である浄感寺本堂に〈八方にらみの竜〉や〈飛天〉の鏝絵を残した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

伊豆長八 (いずのちょうはち)

生年月日:1815年8月5日
江戸時代末期;明治時代の左官
1889年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊豆長八の関連情報