左官(読み)さかん(英語表記)plasterer

翻訳|plasterer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

左官
さかん
plasterer

漆喰,プラスターモルタルなどの壁塗工事を行う職人桃山時代から使われ始め,江戸時代に一般化した。それ以前は土木,壁工,壁塗,泥工などと称されていた。中世において,宮中の壁塗工事のために木工寮の属 (さかん) として出入りさせたことによってこの名称が生まれたとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

左官

与えられた課題の図面を基に、しっくいの塗り技と石膏造形の完成度を競う。石膏造形はミリ単位の誤差も許されず、正確な切断と接合部分の美しさが評価のポイント。塗り技は意匠デザインの見栄えに加え、奥深い色合いを表現できるかどうかが試される。

(2014-02-21 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

さ‐かん〔‐クワン〕【左官】

《宮中を修理する職人に木工寮の属(さかん)として出入りを許したところから》壁塗りを職業とする人。かべぬり。しゃかん。

しゃ‐かん〔‐クワン〕【左官】

さかん(左官)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

左官【さかん】

壁塗,泥工(でいこう)とも。壁を塗る職人で,古く内裏(だいり)の修理に木工(もく)寮の属(さかん)の官位を与えてあたらせたことに由来する名ともいう。大工と並ぶ古来の建築専門職人で,桃山時代の城郭建築や江戸時代の土蔵造などとともに技術的進歩をみた。
→関連項目棟梁

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本文化いろは事典の解説

左官

左官とは建築物の壁塗りを仕事とする職人の事です。土やセメントなどの素材を塗ったり、砂壁漆喰〔しっくい〕(※)仕上げなどの最終的な表面仕上げを仕事としています。※漆喰・・・消石灰にふのりや苦汁にがり〕などを加え、糸屑・粘土(ねんど)などを配合して練ったもので日本独特の塗壁材料です。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さかん【左官】

土壁,しっくい壁などを塗る職人。壁塗(かべぬり),壁方(かべかた),壁大工,壁工,あるいはなまってシャカンともいう。壁塗り職の分化は,すでに令制において土工司(つちたくみのつかさ)がおかれ,泥部(はつかしべ)と泥戸(ぬりこ)が所属していた。左官の語の用例は1605年(慶長10)7月25日の《宇都宮大明神御建立御勘定目録》の〈左官作料〉という記事が古く,1610年から30年(寛永7)ころには壁塗,壁屋,左官が混用され,1640年ころからは,徳川幕府の文書に壁方とあるなど他の用例もあるが,左官がおもに用いられるようになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さかん【左官】

〔宮中の修理に、木工寮の属さかんとして出入りさせたことから〕
壁塗りを仕事とする職人。かべぬり。泥工でいこう。 「 -屋」

しゃかん【左官】

さかん(左官)」に同じ。 「 -屋」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

さかん【左官】

土・漆喰(しっくい)・モルタルなどの材料で、建物の壁・床・天井を仕上げる職人。日本建築では、土蔵造りが発達した近世以降、大工と並ぶ重要な役割を担う。仕上げにはこてを使い、こて絵と呼ばれる工芸的なレリーフを作ることもある。近年は専用工具による吹き付け仕上げが多い。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

左官
さかん

もとは壁塗(かべぬり)といい、大工(番匠)とともに11世紀に独立した建設の専門職人。寺院の土の壁が住宅に応用され、さらに17世紀には防火のために土蔵(どぞう)が建築されるようになって仕事は多くなった。道具の鏝(こて)も、塗る材料や場所により鶴首(鶴頸)(つるくび)、柳葉(やなぎば)などの形がくふうされ、漆食(しっくい)が使われてきた。19世紀後半からの近代になって、モルタル、プラスターなどの新しい壁材料が使われ、仕事の範囲は広げられた。大工とともに出職(でしょく)の典型であるが、多くは大工の下職(したしょく)である。なお左官というのは俗称。古代において、建設官司の木工寮(もくりょう)の属(さかん)(四等官の最下位)という資格で仕事をしていたことによる。[遠藤元男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さ‐かん ‥クヮン【左官】

〘名〙 (宮中の修理に、仮に木工寮の属(さかん)として出入りを許したところからいう) 壁を塗る職人。かべぬり。塗大工。
※俳諧・紅梅千句(1655)八「きよめねば蜘の巣となる大工小屋〈貞徳〉、左官がすまふ壁はあたらし〈安静〉」

しゃ‐かん ‥クヮン【左官】

〘名〙 壁を塗る職人。さかん。しゃかんや。〔羅葡日辞書(1595)〕
滑稽本・浮世床(1813‐23)二「桶屋もなアさる。左官(シャクヮン)もなアさる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の左官の言及

【職業神】より

…この弘法大師がまた聖徳太子と混同して語り伝えられ炭焼きも太子様を信仰した。 関西以西では木樵,木挽,炭焼きのほかに大工,左官,石屋,桶屋などの職人ももっぱら太子様を信仰し,太子講を組んでまつりをした。これは農村の大師講すなわちダイシコウと区別してタイシコウと呼ばれ,祭日も大師講とちがっているのが普通である。…

【左官】より

…壁塗り職の分化は,すでに令制において土工司(つちたくみのつかさ)がおかれ,泥部(はつかしべ)と泥戸(ぬりこ)が所属していた。左官の語の用例は1605年(慶長10)7月25日の《宇都宮大明神御建立御勘定目録》の〈左官作料〉という記事が古く,1610年から30年(寛永7)ころには壁塗,壁屋,左官が混用され,1640年ころからは,徳川幕府の文書に壁方とあるなど他の用例もあるが,左官がおもに用いられるようになる。語源については,《雍州府誌》(1684)が語源を不明としつつ〈砂官〉がもとではないかとの説を示している。…

※「左官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

左官の関連情報