コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達宗勝 だて むねかつ

2件 の用語解説(伊達宗勝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達宗勝 だて-むねかつ

1621-1680* 江戸時代前期の大名。
元和(げんな)7年3月生まれ。伊達政宗(まさむね)の子。万治(まんじ)3年陸奥(むつ)一関(いちのせき)藩(岩手県)3万石の藩主となる。幼少の陸奥仙台藩主伊達亀千代(綱村)の後見役として原田甲斐(かい)と宗藩の藩政を支配。寛文11年伊達騒動の責任をとわれ,土佐高知藩主山内家にあずけられた。延宝7年12月4日死去。59歳。通称は兵部。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊達宗勝

没年:延宝6.12.4(1679.1.16)
生年:元和7(1621)
江戸時代初期の仙台藩祖政宗の10男。生母は多田吉広娘(法性院)。幼名千勝丸,のち兵部。正保2(1645)年従五位下兵部少輔。万治1(1658)年将軍徳川家綱より江戸屋敷を賜り,藩主綱宗より7000石加増,1万5810石を知行。3年藩主となった亀千代(綱村)幼少により田村宗良と共に後見役,内分大名となり,かねてより知行地があり,社寺堂宇の開基などにもなっている一関で3万石を領す。寛文11(1671)年4月,いわゆる「伊達騒動」で罪を得て土佐(高知県)山内家に預けられ,高知城下西北郊小高坂に謫居。『仙台近古史談』は,「性奸巧常に大国に生れ英嗣たること克はざるを憾む」と評している。一方では,兵部自身には特に「悪心」はなく側近が兵部の権力を背景に政治を壟断したとの見方もある。このほか,長男東市正宗興は豊前小倉小笠原家,次男虎之助および娘2人は一門岩出山伊達氏,宗興の妻子は一門石川氏次いで伊予吉田伊達家にお預けとなった。

(齋藤鋭雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊達宗勝の関連キーワード足羽一貫葛西俊信喜多子桑島実清桑島信実小松弥右衛門高野雅楽伊達忠宗伊達斉義田村宗良

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone