コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達宗勝 だて むねかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達宗勝 だて-むねかつ

1621-1680* 江戸時代前期の大名。
元和(げんな)7年3月生まれ。伊達政宗(まさむね)の子。万治(まんじ)3年陸奥(むつ)一関(いちのせき)藩(岩手県)3万石の藩主となる。幼少の陸奥仙台藩主伊達亀千代(綱村)の後見役として原田甲斐(かい)と宗藩の藩政を支配。寛文11年伊達騒動の責任をとわれ,土佐高知藩主山内家にあずけられた。延宝7年12月4日死去。59歳。通称は兵部

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊達宗勝

没年:延宝6.12.4(1679.1.16)
生年:元和7(1621)
江戸時代初期の仙台藩祖政宗の10男。生母は多田吉広娘(法性院)。幼名千勝丸,のち兵部。正保2(1645)年従五位下兵部少輔。万治1(1658)年将軍徳川家綱より江戸屋敷を賜り,藩主綱宗より7000石加増,1万5810石を知行。3年藩主となった亀千代(綱村)幼少により田村宗良と共に後見役,内分大名となり,かねてより知行地があり,社寺堂宇の開基などにもなっている一関で3万石を領す。寛文11(1671)年4月,いわゆる「伊達騒動」で罪を得て土佐(高知県)山内家に預けられ,高知城下西北郊小高坂に謫居。『仙台近古史談』は,「性奸巧常に大国に生れ英嗣たること克はざるを憾む」と評している。一方では,兵部自身には特に「悪心」はなく側近が兵部の権力を背景に政治を壟断したとの見方もある。このほか,長男東市正宗興は豊前小倉小笠原家,次男虎之助および娘2人は一門岩出山伊達氏,宗興の妻子は一門石川氏次いで伊予吉田伊達家にお預けとなった。

(齋藤鋭雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

伊達宗勝の関連キーワード今村善太夫柴田外記伊東重義伊東重門伊達宗重伊東重孝伊達綱宗伊達綱村里見重勝伊達兵部一関藩

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android