コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達邦成 だて くにしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達邦成 だて-くにしげ

1841-1904 幕末-明治時代の武士,開拓者。
天保(てんぽう)12年10月28日生まれ。伊達邦直(くになお)の弟。仙台藩亘理(わたり)領2万5000石をついだが,戊辰(ぼしん)戦争後58石に減禄。明治政府にねがいでて北海道有珠(うす)郡の支配をゆるされ,明治3年から家臣団とともに入植,伊達村を開拓創設した。明治37年11月29日死去。64歳。通称は藤五郎。著作に「胆振国有珠郡開墾顛末」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊達邦成の関連キーワード伊達(市)(北海道)伊達市開拓記念館北海道伊達市伊達[市]泉麟太郎伊達保子田村顕允明治時代石川邦光伊達市開拓者

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊達邦成の関連情報