コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏見忠七 ふしみ ちゅうしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伏見忠七 ふしみ-ちゅうしち

1845-1882 明治時代の土木家。
弘化(こうか)2年生まれ。東海道難所,小夜中山(さよのなかやま)をさけるため,私財を投じて,明治13年中山新道を完成させた。明治15年7月14日死去。38歳。駿河(するが)(静岡県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伏見忠七の関連キーワード明治時代弘化