コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会津神社志 あいづじんじゃし

世界大百科事典 第2版の解説

あいづじんじゃし【会津神社志】

会津藩内の神社について,藩主保科正之(ほしなまさゆき)の命をうけ,服部安休(1619‐81)が記した書。1巻。1672年(寛文12)成立。近世初期の名君として知られる保科正之は,儒家神道,垂加(すいか)神道,ことに吉川惟足(これたり)の理学神道の影響をうけていたが,藩内神社の荒廃をみて,1665年友松勘十郎,木村忠右衛門,服部安休らに命じて,その調査に当たらせ,その復興をはかった。それにより,安休が会津郡89座,耶麻郡76座,大沼郡62座,河沼郡41座の4郡268座の由緒ある神社名を列挙したのが本書で,林羅山の子鵞峰,孫鳳岡,山崎闇斎の序文,吉川惟足,服部安休の跋文をつけているが,それらにより,会津藩の神祇行政が知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android