コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会津神社志 あいづじんじゃし

1件 の用語解説(会津神社志の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あいづじんじゃし【会津神社志】

会津藩内の神社について,藩主保科正之(ほしなまさゆき)の命をうけ,服部安休(1619‐81)が記した書。1巻。1672年(寛文12)成立。近世初期の名君として知られる保科正之は,儒家神道,垂加(すいか)神道,ことに吉川惟足(これたり)の理学神道の影響をうけていたが,藩内神社の荒廃をみて,1665年友松勘十郎,木村忠右衛門,服部安休らに命じて,その調査に当たらせ,その復興をはかった。それにより,安休が会津郡89座,耶麻郡76座,大沼郡62座,河沼郡41座の4郡268座の由緒ある神社名を列挙したのが本書で,林羅山の子鵞峰,孫鳳岡,山崎闇斎の序文,吉川惟足,服部安休の跋文をつけているが,それらにより,会津藩の神祇行政が知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

会津神社志の関連キーワード浄光院(1)田中正玄服部安休保科正賢保科正殷保科正経保科正富保科正率保科正寿保科正徳

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone