会社型投資信託(読み)かいしゃがたとうししんたく(英語表記)corporation-type investment trust

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会社型投資信託
かいしゃがたとうししんたく
corporation-type investment trust

会社法のもとに,一般の株式会社として組織される証券投資信託で,この場合証券投資信託そのものが会社である。契約型投資信託では受益証券が発行されるものに対して,会社型では株式などが発行される。つまり契約型の投資家は受益証を買っても投資信託会社の株式を買うわけではなく,一定の契約に基づいて利益の分配を受けるのに対して,会社型では投資信託会社の株主として利益の配分を受ける。クローズド=エンド型とオープン=エンド型に大別される。前者は最も典型的な会社型で,資金の増減は一般の会社と同じく,増資,減資の形態をとり,その株式は取引所または店頭に公開され,そこで株価が形成され売買が行われる。したがって株主は直接投資信託会社に買戻しを求めることはできない。後者は投資信託会社がいつでも株式の買戻しに応じ,継続的にその基本財産の上に新株を発行する。つまり投資信託会社が常に自己株式の買方あるいは売方となっているので,前者のように株式の公開市場を必要としない。アメリカで一般にミューチュアル・ファンドと通称されているのはこの型である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android