コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会稽の恥 カイケイノハジ

デジタル大辞泉の解説

かいけい‐の‐はじ〔クワイケイ‐はぢ〕【会稽の恥】

《中国の春秋時代、越王勾践が呉王夫差と戦って、会稽山で囲まれ、負けて辱めを受けたという「史記」越世家の故事から》敗戦の恥辱。以前に受けたひどい恥。「会稽の恥をすすぐ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいけいのはじ【会稽の恥】

〔中国の春秋時代、越王勾践が会稽山で呉王夫差に敗れたが、後年この恥をそそいだという「史記越王勾践世家」にある故事から〕
敗戦の恥辱。他人から受けたひどいはずかしめ。 「 -をそそぐ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

会稽の恥の関連キーワード会稽の恥を雪ぐ清める・浄める会稽を遂げる呉王夫差臥薪嘗胆石淋会稽范蠡