コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会集 カイシュウ

デジタル大辞泉の解説

かい‐しゅう〔クワイシフ〕【会集】

[名](スル)多くの人々が集まること。また、集めること。
「―の期日毎に、児女の祭見に行く心地にて」〈菊池寛蘭学事始

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいしゅう【会集】

( 名 ) スル
人々が集まること。また、集めること。 「之を-して代議人と為す/明六雑誌 12

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

会集の関連キーワード裲襠(りょうとう)井伊大老茶道談ショービニスムジンゴイズム多元的国家論タウンハウス社会地理学親分・子分イルゲンエートス地方分権スラング全体主義社会調査中央集権アイマク生活水準人文神話カースト血縁集団

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会集の関連情報