(読み)エ

デジタル大辞泉の解説

え〔ヱ〕【会】

多くの人が集まること。また、その集まり。多く仏事、または祭事をいう。
「―を設けて供養しき」〈霊異記・下〉

え【会/回/廻/絵/壊】[漢字項目]

〈会〉⇒かい
〈回〉⇒かい
〈廻〉⇒かい
〈絵〉⇒かい
〈壊〉⇒かい

かい〔クワイ〕【会】

催し事のために多くの人が集まること。集まり。「を開く」
目的や好みを同じくした人々が作る組織。「原生林を守る
出あうこと。めぐりあうこと。「鴻門(こうもん)の
ちょうどその時。折。「風雲の

かい【会〔會〕】[漢字項目]

[音]カイ(クヮイ)(漢) (ヱ)(呉) [訓]あう
学習漢字]2年
〈カイ〉
ある目的のために多くの人々が集まること。集まり。寄りあい。「会員会議会合会社会場会同宴会開会学会議会協会散会司会集会盛会大会茶会入会来会委員会園遊会博覧会
多くの人々が集まる所。「社会都会
その場に出会う。「会見会戦会談会話再会際会密会面会
何かにめぐりあう時。チャンス。「機会
かなう。さとる。「会心理会
合わせる。「会意照会付会
計算する。「会計
〈エ〉
出会う。集まる。集まり。「会式会者定離(えしゃじょうり)講会斎会節会(せちえ)法会
悟る。「会釈会得
絵などを集めたもの。「図会
[名のり]あい・かず・さだ・はる・もち
[難読]会津(あいづ)直会(なおらい)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

え【会】

〔呉音〕
集まること。主に仏事や祭りの集まりをいう。 「御堂の-/栄花 本の雫
[句項目] 会に逢わぬ花

かい【会】

一定の目的をもって人々が集まること。また、その集まり。集会。会合。 「 -を開く」
目的や趣味・学問などを同じくする人々が組織する団体・組織。 「野鳥の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

【会】

〘名〙 (「え」は「会」の呉音) 二人以上の人が集まること。また、その集まり。おもに神仏に関係のある集まりをいう。法会。
※霊異記(810‐824)下「会を設けて供養しき」
※栄花(1028‐92頃)もとのしづく「めでたき御堂のゑとののしれども」

え‐・す ヱ‥【会】

〘他サ変〙 (「え」は「会」の呉音) 理解する。会得する。
正法眼蔵(1231‐53)弁道話「祖師のいはく、仏法を会すること、男女貴賤をえらぶべからずときこゆ」

かい クヮイ【会】

〘名〙
① 催し事のために人々が集まること。また、その集まり。集会。会合。→会する
※菅家文草(900頃)二・暮春、見南亜相山荘尚歯会「毎吾老誰勝涙、此会当為悩少年
② 目的や好みを同じくしたものの集団。結社。
※福音道志流部(1885)〈植村正久〉四「妄りに天物を害はんがためには人々喜びて社を立て会を結び」 〔晉書‐阮籍等伝論〕
③ 相談、審議などのための集まり。会議、会盟など。〔春秋左伝‐閔公一三年〕
④ めぐりあうこと。出会うこと。際会。出会い。
⑤ ちょうどその時。機会。折。「風雲の会」 〔陳琳‐為袁紹檄予州文〕
⑥ 茶の湯に人を招くこと。〔日葡辞書(1603‐04)〕
⑦ 元会運世天地始終説で、時間を表わす単位の一つ。一会は一万八百年。→一会(いっかい)

かい‐・す クヮイ‥【会】

〘自他サ変〙 ⇒かいする(会)

かい‐・する クヮイ‥【会】

[1] 〘自サ変〙 くゎい・す 〘自サ変〙
① 人々がある場所に寄り合う。集まって顔を合わせる。また、公の席で相手と会う。
※太平記(14C後)七「漢・楚の鴻門に会(クヮイ)せし時、楚の項伯と項荘とが、剣を抜いて舞しに」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉二「此人物政府に会して事を為すに当ては其処置必ずしも智ならず」
② ある物事や出来事に出会う。遭遇する。
西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一三「同じき遭際に会し、同じき命運を受く」
③ 物事が一か所で出会う。集まって一つになる。
※史記抄(1477)三「辰は十二月の日月の会する処ぞ」
[2] 〘他サ変〙 くゎい・す 〘他サ変〙
① ある場所に人を集める。
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉上「国野基が新婚の披露の為め旧友を会(クヮイ)する祝宴なり」
② 物事を理解する。会得する。さとる。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「かくの如き人は、機会を知ることを会せざるが故に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【ギルド】より

…一般的には中・近世ヨーロッパにおける商工業者の職種ごとの仲間団体をさすが,このような同職仲間的な団体は,広く前近代の日本,中国,イスラム社会,インドにもみられる。ドイツ語ではギルドGilde,ツンフトZunft,インヌングInnung,フランス語ではコンパニオナージュcompagnonnage,イタリア語ではアルテarteとよばれる。…

【祭り】より

…集団による儀礼行動の一つ。本来は原始・古代宗教の集団儀礼を総称し,現代では文化的に一般化されて,祝賀的な社会行事を呼称するのによく使われる言葉となっている。日本の祭りは伝統文化として重要であり,神社神道では今でも祭りを中心にしているほどだが,世界の宗教文化史上にも注目すべき社会現象である。…

※「会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会の関連情報