コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝染性単核細胞症 でんせんせいたんかくさいぼうしょう infectious mononucleosis

翻訳|infectious mononucleosis

1件 の用語解説(伝染性単核細胞症の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

でんせんせいたんかくさいぼうしょう【伝染性単核細胞症 infectious mononucleosis】

IMと略記し,伝染性単核球増多症ともいう。腺熱と似た症状を呈するが,リケッチアによる腺熱とは異なり,病原体はEBウイルスが最も重要と考えられている。多くは経口感染により伝播し,潜伏期は4~7週,若年男女に多く,発熱,リンパ節腫張(頸部に最も著しい),咽頭痛を3主徴とする。しばしば全身の皮疹を伴い,軽度の脾腫がみられ,赤血球系,血小板系には通常変化がないが白血球数はおおむね増加し,20000/mlまたはそれ以上に達し,白血球分画では50%ないしそれ以上をリンパ球またはリンパ球様細胞が占める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の伝染性単核細胞症の言及

【腺熱】より

…以前は伝染性単核細胞症infectious mononucleosisと同意語とされてきたが,伝染性単核細胞症はEBウイルスを病原とする疾患ということが明らかにされるとともに,腺熱は,腺熱リケッチアRickettsia sennetsuが病原体である腺熱リケッチア症を指す病名となってきた。両者は臨床像がきわめて類似する。…

※「伝染性単核細胞症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伝染性単核細胞症の関連キーワード腺熱伝染性スフォルツァンド伝染性感染症エプスタイン-バーウイルス好塩基球増加好酸球増多症赤血球増多網赤血球増加伝染性単核球症/単核細胞性アンギーナ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone