伝染性単核細胞症(読み)でんせんせいたんかくさいぼうしょう(英語表記)infectious mononucleosis

世界大百科事典 第2版の解説

でんせんせいたんかくさいぼうしょう【伝染性単核細胞症 infectious mononucleosis】

IMと略記し,伝染性単核球増多症ともいう。腺熱と似た症状を呈するが,リケッチアによる腺熱とは異なり,病原体はEBウイルスが最も重要と考えられている。多くは経口感染により伝播し,潜伏期は4~7週,若年男女に多く,発熱,リンパ節腫張(頸部に最も著しい),咽頭痛を3主徴とする。しばしば全身の皮疹を伴い,軽度の脾腫がみられ,赤血球系,血小板系には通常変化がないが白血球数はおおむね増加し,20000/mlまたはそれ以上に達し,白血球分画では50%ないしそれ以上をリンパ球またはリンパ球様細胞が占める。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の伝染性単核細胞症の言及

【腺熱】より

…以前は伝染性単核細胞症infectious mononucleosisと同意語とされてきたが,伝染性単核細胞症はEBウイルスを病原とする疾患ということが明らかにされるとともに,腺熱は,腺熱リケッチアRickettsia sennetsuが病原体である腺熱リケッチア症を指す病名となってきた。両者は臨床像がきわめて類似する。…

※「伝染性単核細胞症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android