コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝法会 デンポウエ

デジタル大辞泉の解説

でんぽう‐え〔デンポフヱ〕【伝法会】

真言宗で、教義のよりどころとする経論疏などを講論する法会。承和14年(847)東寺で実慧が初めて行ったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でんぼうえ【伝法会】

仏法を広めるための法会。真言宗では教学の興隆、仏法の普及の法会として、東寺などの諸寺で行う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の伝法会の言及

【寺事】より

…また反面,多宗派に共通の法要形式を同一の目的で勤修する場合でも,行事の名称は必ずしも同一とはならない。たとえば,僧侶の学識試第を目的として竪義論義を勤修する場合,行事の名称を華厳宗では方広会(ほごえ),法相宗では慈恩会(じおんね),天台宗では法華大会(ほつけだいえ),真言宗豊山派では伝法大会(でんぼうだいえ)(伝法会)と称する類である。
[寺事の規模と法要のかたち]
 寺事催行の規模はさまざまである。…

※「伝法会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伝法会の関連キーワード新義真言宗伝法大会大山荘実恵阿観寛助済暹興隆仏法教学覚鑁

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android