伝法会(読み)デンポウエ

大辞林 第三版の解説

でんぼうえ【伝法会】

仏法を広めるための法会。真言宗では教学の興隆、仏法の普及の法会として、東寺などの諸寺で行う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

でんぼう‐え デンボフヱ【伝法会】

〘名〙 仏語。空海の真言宗に許された年分度者三人(金剛頂業・胎蔵業・声明業の三業をそれぞれ行なうもの)の定めにのっとり、令法久住のため、毎年春秋の二回、東寺・高野山・根来寺の諸大寺で開かれた、真言宗の依用(えよう)する経・律・論・疏の講演の法会。
※観智院本三宝絵(984)下「天平勝宝八年三月五日はしめて伝法会を此寺に行ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の伝法会の言及

【寺事】より

…また反面,多宗派に共通の法要形式を同一の目的で勤修する場合でも,行事の名称は必ずしも同一とはならない。たとえば,僧侶の学識試第を目的として竪義論義を勤修する場合,行事の名称を華厳宗では方広会(ほごえ),法相宗では慈恩会(じおんね),天台宗では法華大会(ほつけだいえ),真言宗豊山派では伝法大会(でんぼうだいえ)(伝法会)と称する類である。
[寺事の規模と法要のかたち]
 寺事催行の規模はさまざまである。…

※「伝法会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android