実慧(読み)じつえ

精選版 日本国語大辞典「実慧」の解説

じつえ ジツヱ【実慧】

平安初期の真言宗讚岐の人。勅諡は道興大師。檜尾僧都と通称する。空海の高野山開創に尽くし、その信任を得て最初の東寺長者となった。に「阿字観用心口決」「檜尾口決」など。宝亀六~承和一四年(七七五‐八四七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android