コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位産 いさん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

位産 いさん

1587-1652 江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)15年生まれ。浄土宗。信濃(しなの)(長野県)の人という。幡随意(ばんずいい)に師事し,その法をつぐ。武蔵(むさし)川越(埼玉県)蓮馨(れんけい)寺,鎌倉光明寺,江戸伝通院の住持をへて,慶安3年将軍徳川家光の命で江戸増上寺の住持となった。慶安5年8月20日死去。66歳。号は天蓮社暁誉還阿。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

位産の関連キーワード全日本電機・電子・情報関連産業労働組合連合会全国労働組合連絡協議会(1989年結成)全国造船重機械労働組合連合会全日本金属産業労働組合協議会ヘクシャー‐オリーンの定理日本私鉄労働組合総連合会国営企業等労働組合協議会全国電力労働組合連合会全日本自治団体労働組合全国産業別労働組合連合日本労働組合総連合会ナショナル・センター全国労働組合総連合大日本産業報国会管理職ユニオン単位産業別組合重層型産業構造産業別組合労働組合安保闘争

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

位産の関連情報