コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幡随意 ばんずいい

4件 の用語解説(幡随意の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幡随意
ばんずいい

[生]天文11(1542)
[没]元和1(1615).4.
江戸時代初期の浄土宗僧。幼くして出家,鎌倉の光明寺で学を修め,次いで川越の蓮馨寺の感誉存貞の門に入った。天正3 (1575) 年諸国を行脚,館林に善導寺を開き,慶長6 (1601) 年京都百万遍知恩寺に晋山。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

幡随意 ばんずいい

1542-1615 織豊-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)11年10月15日生まれ。浄土宗。聖伝(しょうでん),存貞にまなぶ。慶長6年(1601)京都の知恩寺33世となり,8年(一説に15年)江戸神田に新知恩寺(幡随院)をひらく。のち長崎でキリシタンの改宗につとめた。慶長20年1月5日死去。74歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。俗姓は上宮。字(あざな)は白道。号は演蓮社智誉向阿。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ばんずいい【幡随意】

1542~1615) 安土桃山・江戸初期の浄土宗の僧。相模さがみの人。徳川家康の要請をうけて江戸に幡随院を開創。幕命で九州に赴き切支丹信徒の改宗に努力した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幡随意
ばんずいい
(1542―1615)

近世初期の浄土宗の学僧。演蓮社智誉向阿(えんれんじゃちよこうあ)と号し、字(あざな)を白道(びゃくどう)という。相模(さがみ)国(神奈川県)藤沢の生まれで、姓は上宮(うえみや)(または川嶋(かわしま))。11歳で出家し、鎌倉光明寺(こうみょうじ)の智聡(ちそう)、武蔵(むさし)国(埼玉県)川越蓮馨寺(れんけいじ)の存貞(ぞんてい)に就いて内外の典籍ことに宗学を学び、上野(こうずけ)国(群馬県)館林(たてばやし)善導寺(ぜんどうじ)に住した。諸国への巡教、諸寺院の建立、宗侶(しゅうりょ)の養成、また幡随意流の伝法(でんぽう)を創始するなど、教学、布教両面の振興に尽力した。1608年(慶長13)以前に江戸・神田に幡随院(新知恩寺(しんちおんじ))を開き、13年には幕府の命により長崎に下向し、キリシタンの糾明にあたった。そのとき長崎に開かれた寺が大音寺(だいおんじ)、白道寺(びゃくどうじ)である。[阿川文正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

幡随意の関連キーワード徳川家康ダッケの反乱九鬼嘉隆築山殿ヨハネ地獄大館常興日記サラゴサ伊達晴宗種子島銃

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone