コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低血糖の症状 ていけっとうのしょうじょう

1件 の用語解説(低血糖の症状の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ていけっとうのしょうじょう【低血糖の症状】

 低血糖になると、からだから力が抜け、発汗、手足の震え、いらいら、目のかすみ、頭痛、腹痛などが現われます。この段階で手当をしないと、意識を失い、けいれんがおこります。
 睡眠中に低血糖発作(ほっさ)がおこることもあります。この場合は、悪夢をみていることが多いようです。
 低血糖の現われ方は、人によりいろいろです。どれが自分の低血糖の症状か子ども自身理解し、それらしい症状がおこったら、対策を講じられるようにしておくことが必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

低血糖の症状の関連キーワードぐたっと渋が抜ける脱力魂が抜ける低血糖膝が抜ける腑が抜ける間が抜ける低血糖昏睡ロイシン誘導性低血糖

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

低血糖の症状の関連情報