住友(読み)すみとも

旺文社日本史事典 三訂版「住友」の解説

住友
すみとも

四大財閥の一つ
元禄(1688〜1704)以後別子銅山の経営で発展した大坂の銅商で,両替商蔵元を営む。明治時代以後,西洋技術の導入で経営を改善し,鉱山金属を中心に関連諸産業に広く進出した。1895年に住友銀行設立。1921年に住友合資会社を設立し,全事業を統轄・支配した。第二次世界大戦後,財閥解体で分割されたが,のち系列企業の再編成が進められた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「住友」の解説

すみとも【住友】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android