住友(読み)スミトモ

旺文社日本史事典 三訂版の解説

四大財閥の一つ
元禄(1688〜1704)以後別子銅山の経営で発展した大坂の銅商で,両替商蔵元を営む。明治時代以後,西洋技術の導入で経営を改善し,鉱山金属を中心に関連諸産業に広く進出した。1895年に住友銀行設立。1921年に住友合資会社を設立し,全事業を統轄・支配した。第二次世界大戦後,財閥解体で分割されたが,のち系列企業の再編成が進められた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

住友の関連情報