コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住友吉左衛門 すみとも きちざえもん

7件 の用語解説(住友吉左衛門の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

住友吉左衛門

実業家・男爵。京都生。徳大寺公純の六男、西園寺公望の実弟。初名は友純。大坂の商人住友友親の跡を継ぎ、十六代吉左衛門を名のる。号は春翠・知足斎・知不足等。学習院大卒。貴族院議員。大正15年(1926)歿、63才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すみとも‐きちざえもん〔‐キチザヱモン〕【住友吉左衛門】

[1647~1706]江戸前期の商人。本名、友信。住友家第3代。吉左衛門は以後住友家当主の世襲名となる。16歳で家督を継ぎ、銅鉱業・銅貿易の急成長の中で最大の業者として活躍。吉岡銅山の開発で銅山師としての声望を確立した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

住友吉左衛門【すみともきちざえもん】

住友家

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

住友吉左衛門 すみとも-きちざえもん

住友友成(すみとも-ともなり)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

すみともきちざえもん【住友吉左衛門】

住友家当主の名。第三代(1647~1706)以後、代々襲名。四代友芳(1670~1719)のとき別子銅山を発見して採掘権を得る。一五世友純ともいと1864~1926)に至って、銅山経営のほか銀行・倉庫業を始め、住友財閥を形成。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住友吉左衛門
すみともきちざえもん

[生]正保4(1647)
[没]宝永3(1706).大坂
江戸時代前期~中期,住友家第3代の当主。名は友信。蘇我家から住友家に入った理兵衛の第5子。この第3代から住友家当主は代々吉左衛門を襲名した。友信は銅の採鉱,製錬に特に意を用い,天和1 (1681) 年に備中国吉岡銅山 (岡山県) ,翌2年には出羽国幸生 (さちゅう) 銅山 (山形県) の経営に着手,住友家の銅山経営の端緒を開いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住友吉左衛門
すみともきちざえもん

大坂の豪商住友家当主の通称。近世前期3代友信(とものぶ)(1647―1706)が吉左衛門を称して以来、多くこの称が用いられた。友信は友以(とももち)(通称理兵衛(りへえ))の第5子で、東北、中国地方の銅山開発にも手を広げ、家業はいっそう栄えた。その子4代友芳(ともよし)も吉左衛門を称し、この代に伊予別子(べっし)銅山が発見開発された。5代友昌(ともまさ)、6代友紀(とものり)と吉左衛門襲名が続いたが、7代友輔(ともすけ)は万次郎のち万十郎を、8代友端(ともただ)は吉次郎を、9代友聞(ともひろ)は吉次郎のち甚兵衛を、10代友視(ともみ)、11代友訓(とものり)はともに吉次郎を称した。明治維新後12代友親(ともちか)がふたたび吉左衛門を称してから、13代友忠(ともただ)が続き、14代は友親夫人登久(とく)が継いだが、15代友純(ともいと)(西園寺公望(さいおんじきんもち)実弟)は旧公卿(くぎょう)徳大寺家から入り、吉左衛門を称した。16代友成(ともなり)、現当主17代芳夫も吉左衛門を称している。[川崎英太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の住友吉左衛門の言及

【住友家】より

…近世の商家。住友財閥の前身。住友家は,2代友以(とももち)が京都で銅商泉屋を興し,1620年代から大坂を本拠として銅の精錬・輸出と外国品の輸入という家業の基礎を固め,3代友信,4代友芳の時代に諸銅山の稼行,江戸・長崎出店の設置,両替・為替業へ進出して,隆盛期を迎えた。また事業上の担保として家屋敷数十ヵ所を所有するとともに質地の流れ込んだ山本新田などの田畑を経営し,幕末には別子銅山の近辺で飯米用の新田を開発した。…

【徳大寺家】より

…その男則麿は父功により別家して男爵を授けられた。なお,公爵西園寺公望,男爵住友吉左衛門は実則の実弟である。【今江 広道】。…

※「住友吉左衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

住友吉左衛門の関連キーワード土佐光成杉木光貞妻船橋秀相三角数急西東坊城長詮藤本由己本目親信村山自伯

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

住友吉左衛門の関連情報