コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住宅ローン保証保険 ジュウタクローンホショウホケン

3件 の用語解説(住宅ローン保証保険の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅうたくローン‐ほしょうほけん〔ヂユウタク‐〕【住宅ローン保証保険】

金融機関から住宅ローン融資を受ける個人が債務を履行しないことによる金融機関の損害を填補する目的の保険。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保険基礎用語集の解説

住宅ローン保証保険

住宅ローン保障保険とは、金融機関から住宅ローンの融資をうける個人が借入金を返済しないことにより金融機関が被る損害に備える保険を指します。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住宅ローン保証保険
じゅうたくろーんほしょうほけん

住宅ローン債務の不払いが生じた場合に、金融機関が被る損害を填補(てんぽ)する保険。住宅ローンには、金融機関が個人に直接融資する方式と、不動産会社を通じて貸す方式とがある。前者の場合は、金融機関と損害保険会社との覚書に基づいて、住宅ローンの借り手が金融機関を被保険者(保険金の受取人)とする保証保険をつける。この方式では金融機関が信用調査や担保の取扱い、管理事務を担当する。後者の場合は、不動産会社の斡旋(あっせん)により借り手が保証保険をつけ、被保険者は同じく金融機関となるが、信用調査や担保の取得、管理は保険会社が担当する。住宅ローン保証保険にはローンの借り手が連帯保証人をたてなくてよいという利点がある。[金子卓治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の住宅ローン保証保険の言及

【住宅金融】より

…民間金融機関は,1950年代半ばまで産業のための資金需要におわれて住宅金融に資金を図る余力がなく,本格的に住宅金融にのりだしたのは,1960年代半ば以降である。民間住宅金融は1965年以降貸付期間の長期化(都市銀行等での最長は1965年には10年,72年には20年),貸付金利の引下げ,住宅ローン保証保険等により,需要面から住宅金融の増大を可能にし,一方コンピューター活用により大量の事務処理体制を整え,個人向け民間住宅金融を急増させた(貸付残高は1996年末82兆円)。民間住宅金融は,昭和40年代の金融緩和期には急増したが,50年代には緩和期にも急増しなくなった。…

※「住宅ローン保証保険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

住宅ローン保証保険の関連キーワードフラット35残債住宅金融支援機構住宅ローン担保証券モノライン保険会社ローン保証業務住宅取得促進税制ローン保証料

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone