信用調査(読み)シンヨウチョウサ

世界大百科事典 第2版の解説

しんようちょうさ【信用調査】

狭義には,金融機関が企業や個人に融資を行うに際し,借手やその保証人などの支払能力や担保価値などを調査することで,信用審査ともいわれる。広義には,メーカー・商社等が取引関係の開始に際し取引先の信用や売掛許容限度などを調査することもいうが,これはとくに貿易上では不可欠のこととされる。調査は,国内取引の場合は取引銀行や興信所,貿易上の外国企業の場合は為替銀行や興信所に依頼して行うのが一般的である。また,割賦販売に際して業者が取引相手の支払能力を調査する場合にもいう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんようちょうさ【信用調査】

取引に際し、相手方の資産状態・営業成績・信用などを調査すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信用調査
しんようちょうさ
credit investigation

一般的には、取引方針を決めるために、取引の相手方について営業状況、財務内容など信用状態を調べることをいう。信用に関する情報の入手手段としては、相手方から直接入手する、販売先・仕入れ先などから間接的に入手する、興信所に依頼する、などの方法がある。金融機関は与信行為の基礎としてこの信用調査を重視し、取引開始時はもちろん、取引後も随時必要に応じて行っている。信用調査の体系としては、(1)人的調査(経営者、従業員、労使関係などに関する調査)、(2)物的調査(外部要素としての所属業界調査および内部要素としての企業の沿革、資本、設備、生産・仕入れ・販売状況などの調査)、(3)経理面の分析(収益状態、財政状態、資金繰りなどの財務分析)よりなる。ただし、銀行などが行う信用調査は、外から企業をみる「外部調査」であるから、資料・情報入手上の制約、財務諸表の信頼性の問題など、いろいろな限界のあることに留意すべきである。[井上 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しんよう‐ちょうさ ‥テウサ【信用調査】

〘名〙 金銭の貸借などに際し、相手方の信用状態を、人的調査、物的調査、経理面の分析などをして判定すること。〔商業経済辞典(1938)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信用調査の関連情報