コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信用調査 シンヨウチョウサ

4件 の用語解説(信用調査の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんよう‐ちょうさ〔‐テウサ〕【信用調査】

金銭の貸し付けや手形割引などの取引をするとき、取引先の弁済能力を判断するために資産状態・営業状態などを調査すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんようちょうさ【信用調査】

狭義には,金融機関が企業や個人に融資を行うに際し,借手やその保証人などの支払能力や担保価値などを調査することで,信用審査ともいわれる。広義には,メーカー・商社等が取引関係の開始に際し取引先の信用や売掛許容限度などを調査することもいうが,これはとくに貿易上では不可欠のこととされる。調査は,国内取引の場合は取引銀行や興信所,貿易上の外国企業の場合は為替銀行興信所に依頼して行うのが一般的である。また,割賦販売に際して業者が取引相手の支払能力を調査する場合にもいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんようちょうさ【信用調査】

取引に際し、相手方の資産状態・営業成績・信用などを調査すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信用調査
しんようちょうさ
credit investigation

一般的には、取引方針を決めるために、取引の相手方について営業状況、財務内容など信用状態を調べることをいう。信用に関する情報の入手手段としては、相手方から直接入手する、販売先・仕入れ先などから間接的に入手する、興信所に依頼する、などの方法がある。金融機関は与信行為の基礎としてこの信用調査を重視し、取引開始時はもちろん、取引後も随時必要に応じて行っている。信用調査の体系としては、(1)人的調査(経営者、従業員、労使関係などに関する調査)、(2)物的調査(外部要素としての所属業界調査および内部要素としての企業の沿革、資本、設備、生産・仕入れ・販売状況などの調査)、(3)経理面の分析(収益状態、財政状態、資金繰りなどの財務分析)よりなる。ただし、銀行などが行う信用調査は、外から企業をみる「外部調査」であるから、資料・情報入手上の制約、財務諸表の信頼性の問題など、いろいろな限界のあることに留意すべきである。[井上 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

信用調査の関連キーワード市場型間接金融IFC系列融資福祉医療機構赤字融資金融保護主義個人保証日銀当座預金残高協調融資(シンジケートローン)コミットメントライン Commitment Line

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

信用調査の関連情報