コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住宅性能保証制度 じゅうたくせいのうほしょうせいど

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

じゅうたくせいのうほしょうせいど【住宅性能保証制度】

新築の一戸建て住宅を対象として、住宅メーカーや建設業者が性能や品質を一定期間保証する制度。梁(はり)や柱など構造上重要な部分は10年、仕上げの剥離(はくり)などは1~2年程度としている。国土交通省所管の財団法人住宅保証機構が運営。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

リフォーム用語集の解説

住宅性能保証制度

住宅の各種性能の長期保証を目的とした制度で、(財)性能保証住宅登録機構が運営する。登録業者が同制度の設計施工基準に従って新築した住宅で上記機構の基準及び現場審査に合格した登録住宅は、保証書が発行され、引渡し日以降最長10年間の保証と保険制度が適用される。不都合が生じた場合は無料で修補が行われ、保証内容に関する登録業者との意見の相違に対しては第3者の専門家による保証事故審査会の審査を受けることができる。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

住宅性能保証制度の関連キーワード中古住宅保証制度瑕疵担保責任