コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住宅統計 じゅうたくとうけい

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうたくとうけい【住宅統計】

住宅に関する統計をいう。日本における最も基本的な住宅統計は住宅統計調査(総務庁統計局,1948年から5年おきに実施)で,住宅ストックの状況を把握している。サンプル数は多く,調査項目は住宅の建て方・構造・建築時期・所有関係・居住室の広さ・日照時間,世帯構成・世帯主年齢・人員・収入・職業,住居移動,借家の家賃,空家,居住水準などである。住宅統計調査が〈住宅〉を対象にしているのに対し,国勢調査(総務庁統計局,5年おき)は〈世帯〉を対象にした全数調査で,住居の種類・室数・畳数,世帯の種類・世帯人員などが調査項目に含まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の住宅統計の言及

【建設統計】より

…建設労働については,就業者についての労働力調査など,賃金についての毎月勤労統計などがある(〈労働統計〉の項参照)。(3)建設ストックに関する統計には,道路統計,住宅統計,河川管理統計等がある。住宅統計(建設省)は5年ごとに調査され,利用関係別,建築時期別,構造別,建て方別の住宅ストック戸数,畳数等を明らかにしている。…

※「住宅統計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

住宅統計の関連キーワード地域メッシュ住宅問題標本統計

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

住宅統計の関連情報