コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木了綱 ささき りょうこう

1件 の用語解説(佐々木了綱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木了綱 ささき-りょうこう

1826-1901 江戸後期-明治時代の僧,歌人。
文政9年2月15日生まれ。信濃(しなの)(長野県)の真宗大谷派正行寺の住職。焼失していた堂塔を15年かけて再建。弘化(こうか)4年京都の高倉学寮にはいり,禅を大徳寺大綱宗彦(だいこう-そうげん)に,和歌を千種有功(ちぐさ-ありこと)にまなぶ。維新の際は廃仏毀釈(きしゃく)に抗してたたかう。明治10年和歌の松本同好会をおこし,失明後もおしえた。明治34年1月2日死去。76歳。号は竹壺,松園。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐々木了綱の関連キーワードハウフクルップビニー内館元右衛門メイランクルップ除蝗録正岡子規大島高任都一広(初代)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone