コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木幹郎 ささき みきろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木幹郎 ささき-みきろう

1947- 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和22年10月20日生まれ。「同志社詩人」をへて,昭和47年清水昶(あきら)らと「白鯨」を創刊。「死者の鞭」「水中火炎」を発表。詩的想念に論理的な歩みをあたえて,しかも対象を自在な目でなぞる方法に特色がある。63年評論「中原中也」でサントリー学芸賞,平成4年「蜂蜜採り」で高見順賞。15年「アジア海道紀行」で読売文学賞。24年「明日」で萩原朔太郎賞。奈良県出身。同志社大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐々木幹郎の関連キーワード長谷川 泰子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐々木幹郎の関連情報