コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原中也 なかはらちゅうや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中原中也
なかはらちゅうや

[生]1907.4.29. 山口
[没]1937.10.22. 鎌倉
詩人。 1933年東京外国語学校専修科卒業。長谷川泰子をめぐる小林秀雄との確執など奔放な青春を過し,ダダを経てフランス象徴派へ傾倒した。特にランボーベルレーヌの影響を強く受け,29年『白痴群』の同人に参加,『朝の歌』 (1926) など,虚無と倦怠に満ちた生の諸相をうたう詩篇を残した。詩集は生前の『山羊の歌』 (34) と没後刊行の『在りし日の歌』 (38) があり,独自の声調が多くの読者を集めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中原中也

1907(明治40)年4月29日、山口・湯田温泉に生まれる。1937(昭和12)年10月22日、神奈川・鎌倉で30歳の生涯を閉じる。既成の価値や秩序を壊す芸術運動「ダダイズム」に若くして傾倒。詩集「山羊の歌」「在りし日の歌」を残したほか、「ランボオ詩集」の翻訳で知られる。

(2007-10-18 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

中原中也【なかはらちゅうや】

詩人。山口県生れ。東京外語卒。高橋新吉の影響で短歌から詩に転じた。富永太郎小林秀雄らと交わり,フランス象徴派詩人の影響をうけ,《四季》《歴程》に参加。音律にすぐれた抒情詩を発表。
→関連項目河上徹太郎富永太郎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原中也 なかはら-ちゅうや

1907-1937 昭和時代前期の詩人。
明治40年4月29日生まれ。高橋新吉の影響で詩作をはじめ,富永太郎を通じてフランス象徴派の詩人を知る。大正14年上京し,小林秀雄とまじわる。昭和9年第1詩集「山羊の歌」を刊行し,「四季」「歴程」の同人となった。昭和12年10月22日死去。31歳。山口県出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。詩集に「在りし日の歌」など。
【格言など】思えば遠く来たもんだ 此の先まだまだ何時までか生きてゆくのであろうけど(「在りし日の歌」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

中原中也

大岡昇平の評伝。詩人、中原中也について人物像・作品解説などを描く。1974年、第27回野間文芸賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかはらちゅうや【中原中也】

1907‐37(明治40‐昭和12)
詩人。山口県生れ。東京外語専修科仏語部修了。山口中学在学中,友人と共著で歌集《末黒野(すぐろの)》(1922)を刊行して才能を示したが,学業成績不良のため落第,1923年京都の立命館中学に転じた。高橋新吉の影響を受けてダダイスト風の詩を試作し,また富永太郎との交遊を通じてフランス詩にも目を開かれている。25年愛人長谷川泰子とともに上京,小林秀雄を知ったが,泰子が小林と同棲するという事件が起こり,深い傷を受けた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なかはらちゅうや【中原中也】

1907~1937) 詩人。山口県生まれ。ダダイスムの影響下に出発、フランス象徴詩を学び近代の倦怠と孤独にさいなまれる魂を歌った。詩集「山羊の歌」「在りし日の歌」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中原中也
なかはらちゅうや
(1907―1937)

詩人。明治40年4月29日、山口県吉敷(よしき)郡山口町下宇野令(しもうのりょう)村(現山口市湯田温泉1丁目)に陸軍軍医の父柏村謙助、母フクの長男として出生。満8歳のとき、謙助がフクの原籍中原の人となり、湯田で医院を開業していた政熊・コマ夫妻との養子縁組を決め、中原姓となった。結核性の脳症によって1937年(昭和12)10月22日、帰郷計画の直前に鎌倉の寿福寺境内の寓居(ぐうきょ)に没した。
 詩人としての中也は、1923年(大正12)ごろ詩を本職とする覚悟を、また1925年の夏にいよいよ詩に専心しようと決意し、その翌年「「朝の歌」にてほぼ方針立つ」という段階(「詩的履歴書」による)を経て誕生、30歳6か月で没した詩人としての生涯は、おおよそ10年余であった。そして、詩人中原中也の名がその抒情性の受容とともに詩壇、文壇の内側を越え、広く昭和時代を代表する詩人の一人として読み継がれるようになったのはほとんどその死後のこと、ことに創元社版全集刊行以後のことといってよい。
 第一詩集『山羊(やぎ)の歌』(1934年12月、文圃堂刊)は、限定200部、そのうちに知人友人たちへの寄贈も多くあり、第二詩集『在りし日の歌』の刊行(1938年4月、創元社刊)も、没後半年を経てのことであったが、『歌』として宣言された二つの詩集題、また「つみびとの歌」「生ひたちの歌」「幼獣の歌」「頑是ない歌」「お道化うた」「言葉なき歌」などの詩題における「歌(うた)」の提示には、中也の芸術的本質と詩法の特質がよく示されている。
 中也は、生い立ちにおいて、信仰心の厚いクリスチャンであった養祖父母政熊、コマの2人からキリスト教への親和性を、また父母からは文学好きの素養を受け継いで育ったとみえる。両親は確かな将来を願うゆえの熱心な教育方針で結婚後7年を経て得たこの後継に接し、それによって幼い中也を神童に仕立てあげ得たものの、その心に、「わが生は、下手な植木師らにあまりに早く、手を入れられた悲しさよ」(「つみびとの歌 阿部六郎に」)と述懐させ、また、「学校に入りましてからの家庭生活は、実に蟻地獄(ありじごく)のようでございました」(「千葉寺雑記」)とまで感じさせる過酷な現実をもたらしてもいた。
 中也は、やがて、文学にのめりこんで学業を破綻(はたん)させ、京都生活を経て、東京へ出、医家の後継としてもまた実生活者としても挫折(ざせつ)しながら、この間短歌・小説の創作を離れ、ダダイズムを離れ、フランス象徴詩との出会いを経て、特質的な抒情の詩才を一筋に開花させていった。二つの詩集のほか、未発表の詩篇(しへん)をあわせて生涯350篇ほどの詩作品の魅力と、「芸術論覚え書」を中心に認められる名辞以前の世界を体感した詩論は、その純粋な詩精神とともに、今日も多くの人をとらえてやまない。
 没後半世紀をこえる中也研究は、現在『解題篇』を伴う新編の角川書店(かどかわしょてん)版が、その詩業のほか、小説、評論、翻訳、日記などをあわせた中也の全貌(ぜんぼう)を明らかにし、基礎研究、作家論、作品論の基盤を支えている。
 なお、多くの知友による回想などのほか、母フクに『私の上に降る雪は わが子中原中也を語る』、四弟思郎に『兄中原中也と祖先たち』、五弟呉郎に『海の旅路 中也、山頭火のこと』、長谷川泰子(やすこ)に『ゆきてかへらぬ 中原中也との愛』、野田真吉に『中原中也 我が青春の漂白』などがある。1994年(平成6)、山口市湯田温泉1-11の生家跡地に中原中也記念館が開館した。[岡崎和夫]
『『新編中原中也全集』全9冊(2000~2004・角川書店) ▽河上徹太郎著『わが中原中也』(1974・昭和出版) ▽中村稔著『中原中也 言葉なき歌』(1990・筑摩書房) ▽岡崎和夫著『中原中也 名づけ得ぬものへ』(2005・新典社) ▽佐々木幹郎著『中原中也悲しみからはじまる』(2005・みすず書房) ▽大岡昇平著『中原中也』 ▽秋山駿著『知れざる炎 評伝中原中也』 ▽吉田生著『評伝中原中也』(以上講談社文芸文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中原中也の言及

【在りし日の歌】より

中原中也の第2詩集。1938年(昭和13),創元社刊。…

【湯田[温泉]】より

…4月初めの温泉祭は白狐行列でにぎわう。温泉街の一角にある高田公園は井上馨の生家跡で,この近くで生まれた中原中也の詩碑などがある。【三浦 肇】。…

※「中原中也」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中原中也の関連キーワード歌 文芸ロマン漫画傑作選和合さんと東日本大震災日本のアウトサイダー山口県山口市湯田温泉中原中也記念館グラフィティ長谷川 泰子中原 中也立原 道造高森 文夫吉田 凞生太田 静一ダダイスム伊藤 拾郎佐々木幹郎文月悠光富永次郎青山二郎古谷綱武杉山平一

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中原中也の関連情報