コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木広綱 ささき ひろつな

2件 の用語解説(佐々木広綱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木広綱 ささき-ひろつな

?-1221 鎌倉時代の武将。
佐々木定綱(さだつな)の跡をつぎ近江(おうみ)(滋賀県),長門(ながと)(山口県)などの守護。後鳥羽(ごとば)上皇の推挙で北面の武士となる。承久(じょうきゅう)の乱では叔父佐々木経高(つねたか)とともに上皇方につき,捕らえられ,承久3年7月2日京都六条河原で斬られた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐々木広綱

没年:承久3.7.2(1221.7.22)
生年:生年不詳
鎌倉前期の武将。佐々木小太郎ともいう。定綱の長子。父に従い在京武士として活動し,建仁1(1201)年には弟信綱と共に柏原弥三郎を討ち,元久2(1205)年平賀朝雅追討にも活躍。父の死後佐々木氏の嫡流として,本拠地の近江国佐々木荘を継承。近江・石見などの守護となる。その後も京都警衛に当たり鎌倉への連絡役を果たす。建暦2(1212)年には,在京奉公の功で地頭職を拝領。建保4(1216)年検非違使,同6年日吉行幸の際の功で叙爵。後鳥羽院の北面となる。承久3(1221)年山城守。同年の承久の乱では京方の主力としてよく戦ったが,捕らえられ信綱の手で梟首。

(佐々木文昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

佐々木広綱の関連キーワード安東忠家一条信能鏡久綱糟屋有久加藤景廉五条有範後藤基清惟明親王佐々木経高佐々木広綱

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone