佐々木清七(読み)ささき せいしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木清七 ささき-せいしち

1844-1908 幕末-明治時代の織物業者。
天保(てんぽう)15年11月8日生まれ。京都西陣の織元。機織り法を改良し,荒木小平が製作した半木製のジャカード機を使用。明治18年蓬莱(ほうらい)織を創案,室内装飾品などとして海外にも輸出した。23年帝室技芸員。明治41年7月23日死去。65歳。旧姓飯室

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android