コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木清七 ささき せいしち

1件 の用語解説(佐々木清七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木清七 ささき-せいしち

1844-1908 幕末-明治時代の織物業者。
天保(てんぽう)15年11月8日生まれ。京都西陣の織元。機織り法を改良し,荒木小平が製作した半木製のジャカード機を使用。明治18年蓬莱(ほうらい)織を創案,室内装飾品などとして海外にも輸出した。23年帝室技芸員。明治41年7月23日死去。65歳。旧姓は飯室。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐々木清七の関連キーワード曲芸沢村宗十郎監獄法新聞小説井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約米中関係

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone