佐々木重綱(読み)ささき しげつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木重綱 ささき-しげつな

1207-1267 鎌倉時代の武将。
承元(じょうげん)元年生まれ。佐々木信綱の長男。承久(じょうきゅう)の乱では15歳で北条泰時軍に属し,宇治川の戦いで父とともに先陣をはたした。のち近江(おうみ)(滋賀県)坂田郡大原荘の地頭職をえて大原佐々木氏の祖となる。寛元元年父の遺領をめぐり弟の泰綱を幕府にうったえた。文永4年6月14日死去。61歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐々木重綱

没年:文永4.6.14(1267.7.7)
生年承元1(1207)
鎌倉中期の武将。佐々木(小原)太郎ともいう。信綱の長子。大原氏・白井氏などの祖。左衛門尉。承久3(1221)年の承久の乱では,父と共に宇治川の戦で先陣を遂げる。その後幕府行事の供奉人として活動。

(佐々木文昭)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android