コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐世保炭田 させぼたんでん

2件 の用語解説(佐世保炭田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐世保炭田
させぼたんでん

長崎県北部から佐賀県西部にかけて広がる炭田。北松 (ほくしょう) 炭田ともいう。採炭は旧藩時代から行われていたが,本格的な炭坑が開かれたのは明治以後である。最盛期の朝鮮戦争 (1950~53) 前後には炭鉱数 90余,年間出炭量 335万tに達した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐世保炭田
させぼたんでん

長崎県佐世保市と北松浦郡に分布する炭鉱地帯。北松(ほくしょう)炭田ともいう。狸掘(たぬきぼ)りによる採炭は江戸時代から行われ、1858年(安政5)から開坑が増え、明治・大正時代には急激に増加した。最盛期の1958年(昭和33)には、稼行炭鉱数98、年間出炭量236万トン、従業員1万8156人を数えた。炭質は強粘結を主としたが、炭層がきわめて薄く、中小の零細な経営が94鉱で、大手筋炭鉱は日本製鉄系の鹿町(しかまち)鉱・神田(かんだ)鉱、住友系の潜竜(せんりゅう)鉱、麻生(あそう)系の岳下(たけした)鉱の4鉱にすぎなかった。1960年以後、国のエネルギー政策の転換などにより、石炭不況が深刻となり、現在稼行炭鉱は1鉱もない。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の佐世保炭田の言及

【北松浦半島】より

…同時にそこは地すべり多発地帯となっている。また第三紀層の佐世保層群中にある石炭を求めて,明治以降多数の坑道が開かれ,佐世保炭田が形成された。稼行炭鉱数は最盛時の1958年ころには98を数えたが,大部分が中小零細資本による採炭であった。…

※「佐世保炭田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐世保炭田の関連キーワード円筒土器唐津焼脊振山地ベンガル山猫ユリスケアルプステネレ佐賀県三養基郡上峰町佐賀県西松浦郡長崎県北松浦郡長崎県長崎市香焼町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone