コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐世保炭田 させぼたんでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐世保炭田
させぼたんでん

長崎県北部から佐賀県西部にかけて広がる炭田。北松 (ほくしょう) 炭田ともいう。採炭は旧藩時代から行われていたが,本格的な炭坑が開かれたのは明治以後である。最盛期の朝鮮戦争 (1950~53) 前後には炭鉱数 90余,年間出炭量 335万tに達した。良質の強粘結炭を産したが,炭層が薄いことから中小炭鉱が多く,石炭産業の斜陽化に伴ってほとんどが閉山した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐世保炭田
させぼたんでん

長崎県佐世保市と北松浦郡に分布する炭鉱地帯。北松(ほくしょう)炭田ともいう。狸掘(たぬきぼ)りによる採炭は江戸時代から行われ、1858年(安政5)から開坑が増え、明治・大正時代には急激に増加した。最盛期の1958年(昭和33)には、稼行炭鉱数98、年間出炭量236万トン、従業員1万8156人を数えた。炭質は強粘結を主としたが、炭層がきわめて薄く、中小の零細な経営が94鉱で、大手筋炭鉱は日本製鉄系の鹿町(しかまち)鉱・神田(かんだ)鉱、住友系の潜竜(せんりゅう)鉱、麻生(あそう)系の岳下(たけした)鉱の4鉱にすぎなかった。1960年以後、国のエネルギー政策の転換などにより、石炭不況が深刻となり、現在稼行炭鉱は1鉱もない。[石井泰義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の佐世保炭田の言及

【北松浦半島】より

…同時にそこは地すべり多発地帯となっている。また第三紀層の佐世保層群中にある石炭を求めて,明治以降多数の坑道が開かれ,佐世保炭田が形成された。稼行炭鉱数は最盛時の1958年ころには98を数えたが,大部分が中小零細資本による採炭であった。…

※「佐世保炭田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

佐世保炭田の関連キーワード伊万里[市]小佐々[町]北松浦半島江迎[町]吉井[町]伊万里市唐津炭田伊万里湾鹿町江迎吉井

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android