コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿町 しかまち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿町
しかまち

長崎県北部,佐世保市北西部の旧町域。北松浦半島北西部に位置する。1947年町制。2010年佐世保市に編入。もと「ししまち」と呼んでいたが,1958年改称。北松炭田(→佐世保炭田)の一部で,1950年には人口 2万をこす炭鉱の町であったが,1963年完全に閉山。小型巻網漁のほか,真珠,タイ,ハマチの養殖が発達,タイは大市場に空輸されている。農業は米作,ミカン栽培のほか,畜産が行なわれる。沿岸の島嶼群は九十九島の一部で西海国立公園に属し,南部の長串山公園は好展望所。中心集落歌ヶ浦は沿岸の観光基地。国指定史跡の大野台支石墓群がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿町
しかまち

長崎県北松浦郡にあった旧町名(鹿町町(ちょう))。現在は佐世保(させぼ)市の北西部を占める地域。北松浦半島の西岸に位置する。松浦鉄道が通じる。1947年(昭和22)鹿町村が町制施行。「ししまち」とよんでいたが、1958年「しかまち」と改称。2010年(平成22)江迎(えむかえ)町とともに佐世保市へ編入。地名は、平戸(ひらど)藩主が鹿狩りの際、シカを待つ所を意味する「鹿待(しかまち)」と名づけたことによる。この地区の炭坑は、天明(てんめい)年間(1781~1789)狸(たぬき)掘りに始まり、昭和時代には強粘結炭の優秀なヤマとして知られ、1950年前後の最盛期には大手6鉱を含む8鉱で月産30万トン。町の人口は2万2000を数えたが、1963年全鉱閉山。その後、鉱業にかわる農水産業が伸び、ミカン園の増大と真珠養殖、ハマチ・タイの養殖やワカメなどの浅海養殖が画期的に伸展している。目暗(めくら)ヶ原は九十九島(くじゅうくしま)、平戸島への眺望絶佳の地。褥崎(しとねざき)は1868年(明治1)五島(ごとう)崩れで五島から逃れた人たちのキリシタン集落である。国指定史跡に大野台支石墓群がある。[石井泰義]
『『鹿町町郷土誌』(1961・鹿町町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鹿町の言及

【鹿町[町]】より

…長崎県北部,北松浦郡の町。古くは鹿町(ししまち)と呼んだが,1958年現名に改称。人口5824(1995)。…

※「鹿町」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鹿町の関連キーワード長崎県佐世保市鹿町町下歌ヶ浦避難所運営マニュアルトビカズラ(飛蔓)長崎県佐世保市江頭 又吉郎雄物川[町]佐世保(市)熊本県山鹿市河南[町]鹿町[町]養父[市]桃生[町]鹿央[町]東井 義雄江頭又吉郎坂本清太郎牡鹿半島朝倉山椒山陰美人山鹿市

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿町の関連情報