佐久の花

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

さくのはな【佐久の花】

長野の日本酒。酒名は、所在地の地名に由来。「純吟手詰め直汲み」は自家栽培米を55%まで磨いて仕込む純米吟醸酒。ほかに大吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒がある。平成14、15、18年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は主にひとごこち。仕込み水は八ヶ岳伏流水蔵元の「佐久の花酒造」は明治25年(1892)創業。所在地は佐久市下越。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android