コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久間勝之 さくま かつゆき

2件 の用語解説(佐久間勝之の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

佐久間勝之

安土桃山・江戸前期の武将。尾張生。佐久間盛次の四男、母は柴田勝家の姉。通称は源九郎。佐々成政の養子となる。北条氏政蒲生氏郷らを経て、徳川家康に属し、関ヶ原の戦い・大坂冬・夏の陣に功があった。駿府城番をつとめた。寛永11年(1634)歿、67才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐久間勝之 さくま-かつゆき

1568-1634 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
永禄(えいろく)11年生まれ。佐久間盛次の4男。母は柴田勝家の姉。佐々成政(さっさ-なりまさ)の養子となり,のち北条氏政,蒲生氏郷(がもう-うじさと)につかえ,姓を佐久間にもどす。豊臣秀吉の没後,徳川家康のもとで関ケ原の戦い,大坂の陣に功をたて,元和(げんな)元年信濃(しなの)(長野県)長沼藩主初代(1万8000石)となった。寛永11年11月12日死去。67歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone